CISLP 京都大学大学院法学研究科附属法政策共同研究センター

E-Mail
京都大学大学院法学研究科附属法政策共同研究センター
産官学連携

センターの活動
産官学連携

本センターは,法学・政治学分野を中核として実務と協働しながら,国際的・学際的に「先端的な法政策課題」に取り組み,法制度の設計・運用について具体的な提案を行うことを目指しています。

京都大学大学院法学研究科・法学部では,これまでにも優れた実務家教員と協力し,理論と実務とを架橋する教育・研究を推進してきました。しかし,現在生じている先端的な法的課題の多くは,紛争の事後的解決ではなく,むしろ紛争を予防するための法制度の整備に関するものとなっています。

このような新たな法的課題に対して,京都大学大学院法学研究科・法学部がこれまで培ってきた,徹底した分析に基づく法の基礎理論及び実証的な政策研究を適用し,実践的な答えを見出していくためには,産業界や政策決定の現場で現在生じている,あるいはこれから生じることが予想される事象に即した研究が必要とされます。そのため,本センターでは,所属教員と様々な実務家とが本格的な共同研究を推進していく予定です。

本センターとの共同研究にご関心をお持ちになられた場合には,是非本センター事務室までご連絡下さい。